葬儀費用とお寺への支払い

subpage01

通夜や告別式を行う一般的な葬儀の費用の全国平均は、120〜150万円と言われています。


ただし、この費用にはお寺への支払いは含まれていません。

内訳は葬儀に必要な物品、サービスの一般費用と、会葬者への接待代です。お寺への支払いは気持ちで十分と言われることもありますが、それを真に受けてはいけません。
気持ちというのはあくまで表面上の言い方で、最低でも10万円はお布施として支払うのが一般的です。

お布施の料金によって、戒名の位が変わります。戒名というのは、亡くなった方に僧侶がつける名前です。
死後の世界での名前といえばわかりやすいでしょう。男女で戒名は分かれていて、一般的なのが信士(しんし)、信女(しんにょ)です。

その上の位が、居士(こじ)、大姉(たいし)です。世の中に尽くした人ほど良い戒名をもらえるとされていますが、実際にはお寺へ払うお布施の料金で名前が変わってきます。
お布施には、僧侶への読経料、お車代、御膳代、など色々なものが含まれていますが、戒名に占める金額が一番高いです。

戒名にこだわらない人であれば、一般的な信士、信女の位で名付けてもらえば一番安くなります。

戒名は遺族が納得するという目的が一番大きいので、故人に特別遺言として希望されていないのであれば、遺族の気持ちが済む位で名付けてもらえば良いでしょう。


葬儀のためにはたくさんお金がかかります。


葬儀が終わってからも一周忌などの行事があるので、よく考えて準備するようにしましょう。

新宿で納骨堂の様々な相談を受けることができます。

東京で永代供養墓に関する特集が満載です。

東京の永代供養墓の情報が必ずあります。

どんな人にも四日市の葬儀で事前見積りのココだけの話をしましょう。

東京の永代供養墓に関する情報を紹介するサイトです。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=ZN47517

https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n195418

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170203-00010000-nipponcom-soci

関連リンク

subpage02














お寺への葬儀についての相談と戒名

葬儀のときには、仏式でやるならばお寺から僧侶を呼ぶのが基本です。菩提寺があればそこを、特別決まっていなければ、故人の宗教と宗派のお寺を選ぶようにします。...

NEXT
subpage03














葬儀の費用はどれくらいするのか

標準的な葬儀にかかる費用は、およそ120〜150万円です。これは、お寺に支払うお布施とは別のお金です。...

NEXT