家族葬のための葬儀の相談

subpage01

家族葬で葬儀を行うときのポイントは、事前に家族や親族に了解をとっておくことです。

樹木葬のことならこちらをご活用ください。

また、葬儀の形や知らせる範囲などもよく相談して決めるようにしましょう。

三重の葬儀の為になる情報です。

家族葬のメリットは、家族を中心にして、ごく親しい人たちだけで時間を過ごせるところです。

こだわりの桑名の家族葬といえばこちらのサイトです。

15〜30人くらいが一般的な参列者の人数で、都市部の核家族を中心に広がりをみせています。慣習にとらわれないで執り行えるので、形式ばらない葬儀を希望する人にも好まれています。従来のように多くの弔問客の対応に追われることがなく、親しい人たちだけで故人とゆっくり別れを惜しむことができるのがメリットです。

やり方は決まっていないので、式場を借りて一般的な仏式の宗教形式で行うこともできます。

故人の希望や遺族の希望を反映した式にできます。

散骨を情報を幅広くご活用下さい。

会葬者が少ないので、料理や返礼品などの接待費用が抑えられるというメリットもあります。

東京の永代供養墓に興味ある方、必見です。

ただし、従来の葬儀に慣れた人たちや年配の方々には、世間体から家族葬を快く思わない人たちもいます。


特に親族間で揉めてしまうと後々トラブルになるので、家族葬を行うときには家族間、親族間でよく相談して決めておくことが大切です。ちなみに、家族葬の相談の仲介をしてくれる業者のサービスもあります。

http://okwave.jp/qa/q7116756.html

第三者が間に入ることで、感情的になってしまうのを抑える効果があります。

https://4meee.com/articles/hashtag/%E6%9C%8D%E8%A3%85

感情的になって話が進められないというときには、このような第三者機関の手を借りるのも有効な方法です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1154782631

関連リンク

subpage02














葬儀を生前相談しておくメリット

自分が生きているうちに葬儀社や告別式の会場などを決めてしまう、生前相談をする人も増えています。2011年の東日本大震災以降「いつ何があるかわからないから」ということで終活を考える人が増えたことで、生前相談を考える人が増えたようです。...

NEXT
subpage03














火葬のみの葬儀の相談

火葬式や直葬というのは、通夜や告別式を行わずに火葬だけを行う葬儀のことです。会葬者の人数がゼロなので、接待費用などもかかりません。...

NEXT