火葬のみの葬儀の相談

subpage01

火葬式や直葬というのは、通夜や告別式を行わずに火葬だけを行う葬儀のことです。

会葬者の人数がゼロなので、接待費用などもかかりません。非常にシンプルな葬儀です。
この火葬のみの葬儀を行うためにも、事前に葬儀社に相談しておく必要があります。納棺と出棺の間の通夜と告別式を省くのでシンプルになりますが、祭壇や棺の費用はかかります。


法律で遺体は24時間以上安置するように決められているので、安置するための場所を確保する必要があります。自宅が使えない場合には安置場所を借りる費用が発生する可能性もあります。
また、火葬場が空いていない場合には火葬までに安置期間を延ばさなければならない場合もあります。その点も理解したうえで、直葬の相談をするようにしましょう。

希望によっては、出棺時、火葬の直前に僧侶を招いて読経してもらうこともできます。

ただし、この場合にはお寺への支払いのお金がかかります。

一般的な式の費用は、お布施も含めて200万円弱と言われています。

これに対して、直葬は20万円前後で行えます。

さらに安くあげられることもありますが、その場合には最低限必要な物品やサービスの料金が除外されていることがあるので、相談するときに必ず確認しておくようにしましょう。
必要なのは、2回分の搬送、安置施設の使用料と必要に応じてドライアイスです。

物品では、枕飾り、棺、骨壷、位牌、などが必要になります。
あとは火葬料金と運営スタッフへの支払い、などです。

東京で納骨堂についてお答えします。

大阪の遺品整理をご紹介します。







http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=ZN47517

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1154782631

http://news.livedoor.com/article/detail/9836462/

関連リンク

subpage02














火葬のみの葬儀の相談

火葬式や直葬というのは、通夜や告別式を行わずに火葬だけを行う葬儀のことです。会葬者の人数がゼロなので、接待費用などもかかりません。...

NEXT
subpage03














葬儀を生前相談しておくメリット

自分が生きているうちに葬儀社や告別式の会場などを決めてしまう、生前相談をする人も増えています。2011年の東日本大震災以降「いつ何があるかわからないから」ということで終活を考える人が増えたことで、生前相談を考える人が増えたようです。...

NEXT